治安の良さからも不動産は立川で購入を

立川駅周辺はたくさんの商業施設が立ち並び、いつもにぎわいを見せているエリアです。デパートや新しい商業施設が進出する北口方面と、居酒屋や夜の遊び場としてにぎわう南口とでは雰囲気が異なるところが特徴です。ここに一戸建てという不動産を買って住まいの拠点にするのなら、北口をメインに買い物をすることになり、南口には近寄らないことで治安はうんとよくなります。子供を連れていくには大きな商業施設の方が便利ですし、緑豊かな公園も整備されていることから、家族が生活をするのには非常に適した街といえます。どこの街にも夜ににぎわうエリアはあるもので、そうしたところに近づかないのであれば、治安の面での不安はかなり減ります。もともと治安の良さでは評判のある立川ですので、そこにマイホームという不動産を買うという選択は、暮らしやすい生活を手に入れるということになりそうです。

オンオフの切り替えがスムーズになる立川での不動産

立川は多摩エリアの中でももっとも大きな街ですので、駅前のにぎわいも群を抜いています。北口を中心にデパートやショッピングモール、ドラッグストアやスーパーマーケットなどがたくさんあり、毎日の生活に必要な品から、ちょっと特別なものまでなんでもそろいます。少し駅前から離れると、自然豊かな公園と閑静な住宅街が広がっており、便利な中にも落ち着いた暮らしができる街といえるでしょう。そんな立川にマイホームという不動産を持てば、平日は都心へ仕事に行き、休日は家の近くで楽しむという生活が送れます。都会の喧騒に身を置く仕事場から、静寂を感じることができる家庭へというスイッチの切り替えがうまくできる、そんな住まいを得られる場所になりそうです。不動産の価格はお手頃でありながら、素敵な物件が多数あるところもとても魅力です。

まだ不動産価値の上がる余地がある立川

立川駅は中央線と青梅線、南武線、多摩都市モノレールが交わる東京都下のターミナル駅です。新宿まで最短で30分以内と利便性が高い上、2015年は駅前にタワーマンションが建つなど、不動産価値の落ちにくい街のひとつとして人気を集めています。今後の再開発はどのように推移していくのでしょうか。今後の立川における不動産需要や再開発の行方について記載します。結論から言えば、立川はまだまだ再開発の余地がある街であると考えます。北口は多摩都市モノレール沿いにまだ宅地用としても開発可能な土地があり、最近は大型の商業施設がオープンするなど、駅前の周辺から外側へ向かって需要が高まるものと見られます。南口側は多摩川までの2km程度の間に古くからある住宅街が広がっており、こちらも住み替えなどの不動産需要のあるエリアとなっています。