金銭面から立川で不動産購入という選択も

仕事は活気のある都心で行い、仕事を終えたら都心を出て、閑静な住宅街にある家に帰って一日の疲れをゆっくりとるようにすれば、毎日の暮らしとしてはいうことなしです。その点、立川は交通の便もいいので、仕事場への行き帰りも楽々ですし、休日は立川駅前にあるたくさんの商業施設を利用して、ショッピングモールなどで買い物を楽しむことができます。休日はあくまでも仕事場である都心には出ず、地元でのんびりするには、かなりの好条件を備えているエリアであるといえます。こうした街に新築一戸建てという不動産を手に入れることにしたら、住宅ローンという金銭的負担をかなり和らげることができます。確かに、都心なら電車に乗って数分で職場の最寄り駅につくかもしれませんが、不動産価格は倍以上に跳ね上がるでしょう。大きな額になるだけに、都心に隣接した街に住むのが賢い選択になりそうです。

立川が不動産を買うのにぴったりの理由は

一戸建て住宅という不動産を買う人といえば、圧倒的に結婚して家族がいる人が多いでしょう。子供が二人ほどいるのであれば、4LDK程度の間取りの家がほしいところです。けれど、東京都心ともなれば4000万円以上はするであろう4LDK住宅、とても手が出ないという人も多いと思われます。そこで検討したいのが、立川です。東京都心へ行くのに便利な交通手段がありますし、駅前はたくさんの商業施設でにぎわっています。駅前から少し離れると閑静な住宅街が広がり、自然豊かな公園も整備されています。通勤にも便利、子育てにも絶好の環境となると、生活の拠点にするには最適です。しかも、都心に比べると4LDKの不動産価格はおよそ半分ほどには下げられると思われることから、予算に限りがあるけれどマイホームを持ちたいという人には、まさにぴったりの場所です。

さまざまな魅力を発見できる立川で不動産購入

多摩エリアはどこも、東京のベッドタウンとしての役割を担って開けてきた経緯がありますが、その中でもまだまだ開発が続き、発展を遂げているといえば立川です。北口はデパートが多くあり、さらには家具の大型店やショッピングモールが進出するなど、絶え間ない変化を続けています。そんな北口駅前に近いところに家という不動産を買うことができれば、都心へ出かけて行かなくても買い物のあらかたは済んでしまうでしょう。自然豊かで規模の大きな公園も整備され、子供の子育て支援制度も充実している立川なら、ここでマイホームという不動産を買っても快適に暮らせること、間違いなしです。不動産価格は都心に比べるとかなり下がりますので、予算の都合上、都心にはどうしても家を買うことができないという人にもおすすめです。適度に都会、適度に自然のあるエリア、それが立川です。